医療の世界とアニメの関わり

医療を扱ったアニメというと、あまり思い浮かばないという人も多いと思います。
例外としては、手塚治虫原作の天才外科医を主人公とした作品『ブラック・ジャック』で、過去にOVAやTVシリーズ、さらに映画と何回も映像化されており、人気のほどが伺えます。
2015年には、若き日のブラック・ジャックの姿を描いた外伝的な作品『ヤング ブラック・ジャック』が深夜枠で放送されました。
なぜ医療を扱った作品が少ないのかには様々な理由があると思いますが、専門用語の難解さや、手術シーンの表現の難しさなどが挙げられると思います。
もっとも漫画やドラマでは医者の世界をテーマにした人気作品も珍しくはないので、今後アニメでも取り上げられる機会が増えていくかもしれません。
一方で、理解の難しい医療分野の話を、漫画やアニメを取り入れることで一般の人にもわかりやすく伝えようとする取り組みも、既に行われているようです。
患者への丁寧な説明が求められる昨今、こういったメディアの活用がさらに求められていくと言えるでしょう。