日本の医療アニメについて

世界中でもアニメ文化が活発な日本ですが、医療の世界を表現した作品もたくさん存在します。
古くは、漫画界の巨匠が原作を描いた「ブラック・ジャック」に始まり、そこにインスパイアされた「ブラックジャックによろしく」という作品も有名です。
こちらの作品は続編も出ていたりと、非常に根強い人気を誇っています。
また、「ブラック・ジャック」は最近になり、「ヤングブラック・ジャック」というタイトルでリバイバル版も制作されました。
さらに、最近では「アニメで分かる心療内科」という、マンガ版のヒットを受けて展開された作品も出てきています。
その他にも、「救命戦士ナノセイバー」など、戦隊もののようなタイトルで表現された作品も出てきており、様々な角度からアプローチが成されています。
医療という、非常にデリケートな分野を、親しみやすいアニメという形態で表現することで、多くの人に興味関心を抱いてもらうきっかけの一つになっています。